前へ
次へ

海外不動産投資のメリットに対して

不動産投資は高い利回りが期待できて安定した収入が確保できる人気の高い方法なのですが、国内市場は非常に成熟していて大きな投資には向かないと言われています。
そこで注目されているのが海外不動産投資です。
金融商品でも同じですが経済成長が期待できて、外国から資金を呼び込むために高い利回りを設定している国が有利です。
経済成長している国であれば国民の収入アップによる人口増加が期待できるので、住宅建設も増加する傾向にあります。
収入アップは消費拡大につながり、物価上昇につながっていきます。
家賃も上昇しやすいので家賃で利益を狙っていく人には最適の環境になります。
住宅を売ろうと考えている人にとっても購入した時よりも住宅価格がアップしますから、利益を大きく狙えるのです。
また資産は1つの通貨で持っていると全てが駄目になる可能性もあるので、分散させる事が基本になります。
日本は少子高齢化による人口減や多額の借金で円の信用が落ちるリスクがあるので、分散投資には大きな意味があります。

Page Top