前へ
次へ

不動産投資のことを検討しているなら

何かしらの投資に手を出したいが故に、不動産の世界に目を向けているなら、どこの不動産投資専門業者に目を

more

不動産投資ができるようにする

アパートやマンションなどを購入して、これから不動産投資に勤しむのであれば、実際にそれによって成功が出

more

不動産投資は早めに始めるのが得策

ミドルリスク・ミドルリターンの安全性が高いビジネスが不動産投資です。
毎月の賃料から権利収入を

more

インドシナ半島で海外不動産投資事業を展開する

インドシナ半島はその昔仏領インドシナ半島と呼ばれていました。
ベトナムやラオス、カンボジアは全てフランス領でした。
唯一フランスからの占領を逃れたのはタイ王国だけなのです。
そういう面でタイ王国は大変誇り高い国なのです。
過去の歴史で一度も他国に侵略を許していないからです。
タイ王国でリアルエステート事業を展開する場合ですが、もしも本格的に事業を展開するのならば、タイ国籍の企業と合弁会社を組むというのが一番です。
その場合に大切なのは出資の比率です。
タイ国籍企業の出資比率が51%以上でないと、 タイ王国では、それを事業として認められません。
ですから一番多いケースが、タイ国籍の企業が51%、日本企業が49%というパターンです。
それでも日本で不動産事業を展開するよりも、バブル経済の真っ只中にあるタイの方が、莫大な利益を上げやすいというメリットがあります。
そのような事情で日本から多くの不動産会社が バンコクに集まってきて、タイで合弁会社を設立するようなところが増えてきています。
今後の展開から目が離せません。
近年高齢者を中心として海外リアルエステート投資が注目されてきています。
それは一体どうした理由によるものなのでしょうか。
一つには銀行金利の低さがあります。
日本では高齢者たちはたくさんのお金を銀行に避けていますが、何年預けていても利息は付きません。
ゼロ金利であるからです。
そればかりでありません。
これからは銀行にお金を預けておくと、管理費を取られると言う、マイナス金利の時代の到来です。
このような状態でもお金を稼ぐ道は残されています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

例えばマレーシアにおける海外リアルエステート投資があります。
マレーシアのリアルエステート投資は大別して2種類に分かれます。
一つは多くの日本人が住んでいるペナンのような地域を中心として不動産投資をするということです。
もう一つの選択肢は、ボルネオ島の北部にあるサバ州とサラワク州にある物件を狙うと言う手段です。
マレーシアのこれらの二つの州は、未だ手付かずの広大な土地が残されています。
物件をすぐに転売するというのであれば、ペナンのようなところが良いに決まっていますが、不動産インベストメントが長期に渡るのであれば、ボルネオ島の北部が良いのかもしれません。

Page Top